フィッティング

走りが変わります!

当店のフィッティングは、自転車と身体の各部位を見極め、最も合理的な状態にいたします。
加えて、ペダリングのコツやトレーニング方法もアドバイスいたします。
プロ選手を含め、今まで200名以上の方にご利用頂いております。

フィッティングの料金 「お問合せ下さい」。
出張フィッティングは6名以上のご参加で、東北、関東甲信越まで伺います。1日の上限は9名です。

フィッティングのご予約、お問合せは、
メール(tomohirorim@gmail.com)または電話(022-281-8569)でお願い致します。

随時ご予約承ります。お気軽にお問い合わせください。

(フィッティング前) (フィッティング後)

 

【お客様の声】

お客様より貴重なご感想を頂きましたので、掲載させていただきます。

私は普段、競技志向のライドではなく、楽しく、楽に、を中心としたライドをしています。
前々から金子選手の広報でフィッティング会の噂を聞いており、今回、しまなみ海道をサイクリングする二日前という好都合の日程であったため申し込みました。
普段の走行の際の悩みとしては足の裏の痺れでした。
クリートの位置の設定がよくわからず、拇趾球がここだからこんなもんだろう、と付けていました。
フィッティングの効果を実感するために25kmほど自走にて向かいました。
太田さんにクリート位置やサドル高、ハンドル高などまるまる設定してもらいました。
噂通りの全て目視です。
ローラーで乗ってみると完璧に自分にフィットした感覚がありました。
回してみると気持ちよくクランクがグルグル…でもまだ完璧ではありません。
自転車の次は身体です。
ペダリングのポイントをたった3つおさえるだけで劇的に変わりました。
ポイントは太田さんから直接聞いて下さい。文書ではムリです。
一本歯の下駄も体験しました。
これも絶妙に自転車に関係してくる感覚が鍛えられます。
フィッティングを終えて帰路についたところ、すぐに違いがわかりました。
脚はグルグル回り、いつもより1枚は重いギアで漕げました。
なにより、体感でキレイなペダリングができていると感じます。
前はケイデンスを90で回していましたが、今では100くらいがちょうどよく感じます。
フォームが変わったために筋肉痛は出ましたがこれが消える頃にはもっと楽に走れそうです。

しまなみ海道にはグループで行きました。
フィッティング効果もあり、痺れはなく、痛みはおケツ(というより会陰部)くらいです。
これまでと違う位置がサドルに当たるので慣れていないのですね…。
しかし、疲れ方は緩やかでした。
ペダリング効率の上昇によるものでしょう。
結果、周囲よりも楽に走れたのではないかと思います。
結論としましては、ファンライドをする人こそこのフィッティングを受けるべきだと思います。
痛みは無く、疲れは少なく走れればもっと長い距離を走れます。
行き先の選択肢がぐっと増えます。
これって素敵だとは思いませんか?

【お客様の声】

お客様S.A様より貴重なご感想を頂きましたので、掲載させていただきます。

初めてヒルクライムレースにエントリーした事をきっかけに、やれるだけの事は全てやろうとフィッティングをお願いしました。
ポジションの変化に鈍感な自分でも、驚いたのは脚が勝手に回るようなペダリング、腕の突っ張りが無くなり脱力出来る上体、サドルへの座りの楽さでした。
ライドの際意識する事はシンプルな3つだけ。
ホームコースで早速実践したら心拍は上がらないのに、ベストタイムが5区間で出ました。
また、2戦レースを終えましたが、お陰様で2勝する事が出来ました。
レース思考でなくとも、とても楽に前へ進めるようになりますので、本当にお勧めです。

【お客様の声】

お客様T.M様より貴重なご感想を頂きましたので、掲載させていただきます。

(動画はフィッティング前)

1.フィッティングを受けた理由
(a)走行距離150km以上で右膝に痛みを感じていた
(b)レースで勝ちたい。速くなりたい

2.フィッティング後 
(a),(b)は1のそれに対応。 
(a)右膝の痛みが解消した。膝の痛みを忘れていたため600㎞完走後にテーピングをしていないことに気付いた
(b)単独平坦でのトップスピードが42km/h→49km/hに向上 (フィッティング後5か月経過した現在は51.5km/h)

2016年5月から毎週末ロードバイクに乗り始めて、主に長距離ライドを楽しんでいましたが、
2017年5月からブルべ(200, 300, 400, 600kmなどを走る超長距離ライドイベント)やエンデューロ系のレースに出始め、巡行速度を上げたいと思うようになりました。

色々と調べていくうちに、フィッティングという存在を知りました。
たまたま友人から某有名フィッティングを紹介されたため受けてみたところ、確かに巡行速度が2km/h、トップスピードが4km/h程上がりました。
ですが、ポジションをキープするのが厳しい乗り方で、走行距離50kmで股の痛み、200kmで手に痺れが出てしまったため、3か月ほどで断念、ポジションを元に戻しました。
フィッティングって、体幹の筋肉がない人が受けても無駄なのかな...と、その時は思っていました。

2017年9月にローラーでトレーニングをするためにショップに通い始めましたが、ショップで調整して頂いたポジションで600kmを走ってみたところ、右膝(前十字靭帯)に痛みが出るようになってしまいました。
このままでは本格的な故障になってしまう、来シーズンまでに何とかしたいと焦りを感じていたところ、Twitterで7ElevenRBPの金子選手が太田さんのフィッティングを募集されているのを見かけました。
元競輪選手?自転車修理工房??
失礼ながら全く存じ上げませんでしたが、他の高額なフィッティングより値段が手頃だったため、現状を放置するよりましかな?程度の軽い気持ちで受けてみることにしました。

2018年3月10日にフィッティングをして頂きましたが、目から鱗だったのは太田さんの理論。
いつものトレーニングでは「長距離を淡々と走る癖がついている。もっとがむしゃらになって、追い込んで!」と、とにかく踏むよう、頑張るよう言われていました。
ですが、太田さんの第一声は
「はい、脱力してー。」
「ぬいてぬいて、そうそう。脚は付け根までしか要らないから。」
正直、「膝から下は棒だと思え!」とか、「ハムけつを使え!」とか、「体幹を鍛えろ!」とか言われるんだと思っていました。
常識を覆された感じです。

もう頭の中は「?」だらけ(笑)
説明して頂いたことは企業秘密ということで言及できませんが、実践して感じていることは、とにかく体全体が”楽”だということ。

走行中は脚がついてないんじゃないかと思うくらい脚の疲労を感じなくなりました。
(走り終わって自転車を降りると地獄の様に動けません。それぐらい使っていますが走行中は感じないです)
呼吸も楽になりました。
(横隔膜が開く方法を教えて頂いたので鼻炎に苦しむ私でも随分と呼吸が楽になりました)
苦しい局面で苦しまなくなりました。
(苦しいときに脱力を心掛けると、気持ちも脱力するので笑えてくるようになりました←はたから見るとちょっと変な人ですが。。)

頑張らず、踏み込まずに全てが楽になりました。
数値的見ると、ローラーでの3kmTTでAve243wだったパワーが190w程度に落ちました。
パワーダウンしている!と、最初はショックを受けましたが、ぺダリング効率が良くなったのが原因とわかり安心しました。
パワーが下がっているにも関わらず平地のトップスピードが7km/hアップ、400kmブルべの前半70kmを40km/hの集団で走行しても完走するためのスタミナに問題はありませんでした。
ぺダリング効率が良くなり、小さなパワーで速く、長時間走れるようになったということです。

(動画はフィッティング後)

<フィッティング後の成果>
・300, 400, 600km ブルべを完走
右膝の痛み解消。600ブルべの往復向かい風でもAve30km/hで300km以上先頭を牽くことができました。 
途中、レース並みのスピードでローテーションしたりして楽しみながらの完走です。
辛さはゼロ、他の方々は向かい風に苦しんでおられるようでしたが。

もてぎ7時間エンデューロ 4時間ソロ 4位
昨年までのエンデューロでは必死に男性の後ろについて行くだけでしたが、集団でローテを回し、全体の状況を確認したり、補給食を取る余裕が生まれました。
1位ナショナルチームメンバー、2位実業団登録選手、3位は実業団登録選手を含む3名男性アシスト付きのチームだったので、ぽっと出の私が4位に入れたのは奇跡に近いかもしれません。

富士ヒルクライム 年代別 9位 
苦手のヒルクライムであと3分半でブロンズ、あと1つで入賞です。個人的には大躍進です! 
ほとんどTTポジション、追い越し車線でぐいぐい登れたのは「これが本当に自分だろうか?」と、信じられない思いでした。

・フクダ電子アリーナ 2hソロ 優勝
先頭集団に乗って逃げた後、脚の合う走者に呼びかけてトレインを作ってレースを展開するまでに成長しました。
2位にラップしての勝利です。

・スーパーサイクルエンデューロ in 下総 3hソロ 優勝
途中追い越し様にぶつけられて落車してDNF寸前でしたが、頑張って完走。
2位に7ラップしての優勝となりました。

・JBCF大田原クリテリウム 完走
完走率の低い実業団レースで完走することが出来ました!

フィッティングの目的は人それぞれ、自転車の楽しみ方も様々だと思いますが、太田さんのフィッティングは汎用的で、誰もが楽に楽しく自転車に乗れるようにしてくれると思います。
一人でも多くの人に受けて頂き、もっともっと自転車ライフを楽しんでいただければと思います。